こんにちは!大阪府門真市・守口市を中心に製造業専門の人材派遣をしている製造スタッフ.comです(^^♪

前回の組立外注に関連し、今回は『加工外注』について解説します!

 

 

加工外注(かこうがいちゅう)とは?

加工外注とは、材料から部品などを加工する加工作業を外部委託することをさします。

メッキ加工や材料の切り出し加工などが該当する外注手法になります。

 

 

加工外注のメリット・デメリット

メッキ加工や電解研磨など、特殊な技術と設備が必要な加工を行いたい場合、すべて自社でまかなうのは設備投資コストもかかりますし、職人の確保や物理的な空間の広さなども必要になってきます。

 

そこで、それぞれの分野の専門家(専門会社)に外注を頼むことで、クオリティの高い加工を比較的低コストで施工することが可能となります。

 

外注の技術レベルに差があるなどのデメリットはありますが、トータルで考えるとメリットの大きな仕組みです。

 

 

まとめ

特殊加工を施すことで商品力がアップする場合、加工外注をうまく活用すれば短期間に製造・販売が可能です。様々な加工の勉強と共に、外注をうまく活用できないかアンテナを張っておくといいですね。

 

次回は【工数】について解説します!