こんにちは!大阪府門真市・守口市を中心に製造業専門の人材派遣をしている製造スタッフ.comです(^^♪

ファブレス(fabless)という言葉をご存知ですか?半導体業界では昔から使われる言葉ですが、最近では製造業一般にも広く浸透してきてますので、今回はファブレスについて解説してみます。

 

 

ファブレス(fabless)とは?

 

ファブ(fab=fabrication facility=工場)が無い(less)、という意味でファブレス(fabless)と言います。

つまり、工場を所有せずに製造業務および製造活動を行う企業を指す言葉(ビジネスモデル)のことです。ちなみにこのファブレス(fabless)という言葉は造語です。

 

すごくざっくり言うと、設計や企画は自社で行い、製造業務は外部委託する、というもの。(実際はもといろんなパターン有り)

 

もともとは半導体業界で主流のビジネスモデルでしたが、現在は食品や玩具など多くの業界で取り入れられています。

 

 

ファブレス(fabless)のメリットとデメリット

工場を持たずに製造ができるため、小さくスタートすることができます。

大規模な土地や設備投資もいりませんので、最近のスタートアップ企業ベンチャー企業などでも少人数で企画や試作品づくりまでをおこない、製造は外部(海外など)で大量に作ってもらい、販売はオンラインで、というようなところも多くあります。
※OEMもこの仕組の一部と言えます<詳細は次回解説>

企画や研究開発に経営資源を集中できるのも大きなメリットと言えます。

 

デメリットとしては、急ぎの対応が難しかったり、単価が高くなったり、そもそも外部委託先がなかなかみつからなかったり、ということがあります。品質という面でも不安がありますし、機密事項の漏洩も有りえます。

 

 

まとめ:しっかりした外部委託先を見つけることができれば大きな成果を挙げられる

製造を専門に行なう会社企画開発などを行なう専門の会社が手を組むことで、とても大きなメリットを発揮できるのがファブレス経営と言えます。

しっかりとした信頼できる外部委託先(=ビジネスパートナー)と出会えれば、とても大き成果を上げることができるのではないでしょうか。

 

それでは次回はファブレスとも関わりのある【OEM】について解説します!