こんにちは!大阪府門真市・守口市を中心に製造業専門の人材派遣をしている製造スタッフ.comです(^^♪

突然ですが、トヨタ生産方式をご存知でしょうか?トヨタというのは日本を代表する企業TOYOTA自動車のこと。トヨタ生産方式とはそのトヨタが生み出した生産方式のことです。

 

トヨタ生産方式とは?

トヨタ自動車で生み出された、工場における生産方式のことで、現在では多くの企業が取り入れています。

具体的には、製造現場でのムダを徹底的に排除し合理性を追求した生産方式です。有名なものではジャストインタイムやかんばん方式があります。

ジャスト・イン・タイム
「ジャスト・イン・タイム」とは、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」という意味です。
自動車のように3万点にものぼる部品から造られている製品を、大量にしかも効率良く生産するためには、部品の調達などのために、ち密な生産計画を立てる必要があります。
その、生産計画に応じて「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」供給できれば、「ムダ、ムラ、ムリ」がなくなり、生産効率が向上します。


かんばん方式
トヨタ生産方式では、「かんばん方式」という独創的な生産管理方式が重要な役割を果たしています。
「かんばん方式」は、かつて「スーパーマーケット方式」ともいわれ、まさにスーパーマーケットからヒントを得て考案されました。スーパーマーケットや量販店では、商品名、品番、置き場所など、商品に関する情報が記載されている商品管理用のカードが使われています。これをトヨタでは「かんばん」と称し、生産管理の工程に道具として使用したことから、「かんばん方式」と呼ばれるようになりました。トヨタ自動車では、後工程が前工程に部品を調達しに行く際に、何が使われたかを相手に伝える道具として、「かんばん」を利用しています。
出典:http://www.toyota.co.jp/

このような合理化とあわせ、徹底したカイゼンの繰り返しがトヨタ生産方式の要といえます。

 

 

トヨタ方式のメリットとデメリット

一番のメリットは徹底的な効率化により“必要な物を、必要な時に、必要な量だけ生産する”という、無駄の無さ。無駄な生産を減らすことで在庫コストも下がりますし、少人数でのオペレーションも可能になってきます。

デメリットとしては、材料の欠品があり得る点です。必要最小限の在庫でやりくりするため、必要なときに材料を取り寄せます。そうなると、もし配送が遅れたりすると在庫切れとなり製造がストップしてしまいます。(部品を作っている下請けメーカーへのプレッシャーも問題となっています)

また、まとめて部品を買う大量仕入れと比べると材料あたりのコストはどうしても高くなってしまいます。

 

 

まとめ:トヨタ生産方式は合う合わないがわかれる生産方式

トヨタという大企業が作り出した生産方式ということもあり、『自社に都合の良い生産方式(≒下請け泣かせな方式)』とも言われます。ですから、同じ生産方式がどこでも通用するというわけではありません。

そのあたりの特性も踏まえ、部分的に手法や思想を取り入れるといいのではないでしょうか?

 

それでは次回は【ファブレス(fabless)】について解説します!