製造業における【アセンブリ】の意味とは?<製造関連用語解説>

大阪・門真・守口で製造業の人材派遣なら製造スタッフ.COM > ブログ > 製造業における【アセンブリ】の意味とは?<製造関連用語解説>

製造業における【アセンブリ】の意味とは?<製造関連用語解説>

2017年6月9日

こんにちは!大阪府門真市・守口市を中心に製造業専門の人材派遣をしている製造スタッフ.comです(^^♪

前回は員数管理について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

前回の記事≫【員数管理】の意味とは?<製造関連用語解説>

今回は製造スタッフ.comでも得意とするアセンブリ(アッセンブリ)について解説したいと思います!

 

 

製造業における【アセンブリ】の意味とは?

アセンブリとは生産工程の中における、組み立て工程のこと。また、生産方式としての量産体制のことを指すこともあります。

カンタンに『組立作業』とおぼえてもらって差し支えないかと思います。

 

 

アセンブリとライン作業(流れ作業)はセットになることが多い

アセンブリ(組み立て工程)を行なう場合、一般的にラインスタッフによるライン作業が発生します。ライン作業とはベルトコンベアから部品が流れてきて、それを順に組み立てていく、いわゆる“流れ作業”とも言われます。

 

 

まとめ:アセンブリ(組み立て工程)はとても大事な、品質に直結する仕事です

流れ作業=カンタンな作業、という印象を持たれる人もいるかもしれませんが、製造業におけるライン作業は組み立てという最終工程です。とても大事な工程で、いい加減な仕事をすると品質に直結します。

実際にこの組み立て工程がもとでトラブルになることも少なくありません。(組み立ての不具合や異物混入など)

 

 

Facebookページもよろしくお願いします!

アセンブリについての解説、いかがだったでしょうか?今後も製造業に関連する用語解説をしていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

「こんな用語を解説してほしい」というご要望などあればフェイスブックページに気軽にコメント下さい^^

製造スタッフ.comのフェイスブックページはこちら

 


ページトップへ